LIVE REPORT

2019.7.6 COLORS2019 新木場Studio Coast

7月6日(土)ESP学園presents COLORS2019が新木場Studio Coastにて開催された。

abysmal flockはESP STAGEに出演し、『さよなら感情たちよ』『I know』『日向』を披露。


河崎の力強いボーカルソロからステージがスタート。

1曲目は『さよなら感情たちよ』。

サビのフレーズから始まるこの曲は、「親の金で食う飯はまずい 新宿ゲロにたかる鳩 君は何を思う」といった特徴的な歌詞が売りで、ライブ終わりには口ずさむ人もいたほど一度聴いたら頭から離れないことだろう。

サビに入ると同時に照明が一気に明るくなり、abysmal flockを浸透させていくようだった。


2曲目は、『さよなら感情たちよ』とは打って変わってテンションが上がるようなUPテンポの曲『I know』。

河崎の「せーの」という掛け声で始まり、歌も中盤に差し掛かるとともに、会場もabysmal flock のノリに乗るようにヒートアップしていった。

間奏には昭のリズミカルかつ渋いベースソロ・且味の場を盛り上げるようなギターソロ・そして、萩野の荒ぶるドラムのソロがあり、メンバーそれぞれが輝いて見えた。

大サビに入る前にMCを挟み、親知らずの話で場を和ませる。

合図なしに河崎の声に合わせて大サビに入るシーンでは、それぞれのメンバーがいかに信頼しあっているかが感じられた。


3曲目は、1日の終わりに聴きたくなるような『日向』。

静かなメロディーで、会場を和やかなムードに包み込んだ。

「明日は晴れるといいね この気持ちもきっと照らされて」という歌詞が明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれる。

萩野とメンバーとのアイコンタクトが多く、メンバー同士で息を合わせているところが見られ、仲の良さが感じられた。

3曲目には会場全体がまとまりabysmal flockの曲に視覚・聴覚を奪われていた。


abysmal flock の演奏を聴いた人たちが次々と立ち止まり、ESP STAGEのフロアから溢れかえる観客に物怖じする事なく、堂々とした演奏で実力を発揮した。